カタチのない物流で

一から提案し道を通す喜び

営業開発部
西日本営業開発グループ 2021年入社 <中途>

前職は何をしていましたか?

建材メーカーで営業職をしていました。カタログを手に近くのゼネコンや工務店を訪問し、ドアやシャッターなどの“建具”を販売する仕事です。まずは現場で寸法を測り、簡単なスケッチを描きます。その後見積もりを作成し、受注をいただければ図面作成や施工手配まで担当しました。取付工事が終わった段階で、請求書を送付して業務は完了です。営業という職種は変わらないので、さほど抵抗なくこの会社にも飛び込めましたね。

当社入社のきっかけ

前職では休日出勤や残業も多々発生したため、ワークライフバランスを考え転職しました。お陰様で今は休みをしっかりと取れ、メリハリある働き方を実現できています。AGCグループということで安心感もありましたし、グループ内にガラスを手がける事業があるなど、建材と関連があって親近感を持っていましたね。建材の現場で建具の搬入を手伝う機会もあり、物流の体系を多少理解していたことも入社のきっかけとなりました。

建材からなじみのある物流へ

AGCグループの安心感

現在携わっている仕事について

所属は営業開発部です。お客様の課題をヒアリングし、物流でそのストレスを軽減できるよう改善策を提案しています。例えば、既存顧客の方々の元を定期的に訪問し、フォローアップを行います。製品の保管場所や輸送ルートのお悩みを伺い、コストダウンする集荷・運搬方法はないか考え、実現時の見積もりまで作成します。一方、新規のお客様には、営業メールを送るなど、アプローチをかけることから始めています。

仕事の魅力は?

お客様の製品を取り扱うにあたって、自分で一から流れを考えて提案することにやりがいを感じます。メーカーによって貨物の特性が異なるので、それに合った物流を立案することが必要です。当社はトラックや倉庫を持っておらず、ビジネスパートナーに依頼しているのが大きな特徴です。その分、自社のみで行うより提案内容の幅も広がるので、試行錯誤を繰り返し、採用していただけた時は嬉しいですね。

カタチのない営業だから

お客様に分かりやすく伝える

仕事をする上で
大切にしていることは?

他社様の貨物を扱う以上、信頼関係が大前提なので、誠実で丁寧な仕事を心がけています。ひとつの過程を間違えることは、誤納品などの大きなミスに繋がりかねません。何重にもチェックをし、ミスを防ぐようにしています。また、物流の営業には明確な製品のカタチがありません。自分で提案資料を作成する際は、お客様の視点に立って、わかりやすく仕上げることを心に留めています。

自分が成長したと感じる瞬間は?

まだ入社して半年なので、そこまで成長したとはっきり断言はできませんが……。稀に配送トラブルが起こっても、自分で対応・処理できるようになりました。そんな時、仕事に慣れてきているかなと実感しています。最近、走っているトラックを見ると、ついつい車種や積載量、輸送会社などを確認してしまうようになりました。もはや職業病のようになってきていますね(笑)。

今後の目標は?

既存顧客のフォローはできていますので、今後は新規のお客様へのアプローチをより広げたいと考えています。第一歩としてテレアポから始めているのですが、コロナ禍もあり、電話しても担当者に繋がらなかったり、容易にお客様の元を訪問できなかったりという状況が続きました。WEBの画面越しでしかお話をできていないお客様もいらっしゃいます。今後コロナが収束したら、訪問できなかったところに伺って対面でお会いしたいですね。

カタチのない営業だから

お客様に分かりやすく伝える

新規顧客へアプローチを
広げていきたい

コロナ禍以前は、学生時代から続けているテニスのほか、ゴルフをたしなんでいました。冬にはスノボも楽しんでいます。現在は自宅でYouTubeや動画配信を観ることが多いですね。運動不足にならないよう、時々ジムにも通っています。

社員インタビュー

社員インタビュー 一覧に戻る
PAGE TOP